卵巣のがんの治療法|治療で腰椎椎間板ヘルニアは克服可能|ピタッと激痛が収まる
女の人

治療で腰椎椎間板ヘルニアは克服可能|ピタッと激痛が収まる

卵巣のがんの治療法

医者

婦人科での内診が大切

卵巣がんは、女性特有の病気で早期発見が非常に難しいと言われています。卵巣はそもそも、沈黙の臓器と呼ばれていて不調があっても症状が出ないので気付きにくいものです。そのため、卵巣がんを発見した時には既にがんのレベルが進んでいることがあります。卵巣がんの早期発見を実現させるには、婦人科で定期的な内診を受けることが何より大事です。婦人科では、触診のほかにエコーや血液検査なども行われます。いくつかの検査を行って総合的に診断が行われ、卵巣がんの可能性が高ければ病理検査に組織の一部を出すことでがんの本格的な検査が出来ます。婦人科医は、卵巣がんであるかどうかを診断することも可能なので定期的に病院で診てもらうと良いです。

食事に気をつけること

卵巣がんはもともと欧米で発症が多かった病気でしたが、現代では日本でも発症が増えています。その原因としてあげられるのが食事の欧米化です。欧米では、高カロリーで脂っこいものが多く食べられますが和食ではあまり高カロリーで脂っこい物はありません。しかし、食事が欧米化したことで日常的に体に負担となる食事の取り方をしてしまうケースが増えています。卵巣がんを予防するには、高カロリーな食事を控えて低脂肪の食事をとることが大事です。卵巣がんの代表的な症状には、頻尿または排尿困難、腹痛や腹部の膨張感などがあげられるのでそういった症状も見逃さないようにすることで卵巣がんの発症を食い止めることが出来るようになります。