脱腸の傾向と対策|治療で腰椎椎間板ヘルニアは克服可能|ピタッと激痛が収まる
女の人

治療で腰椎椎間板ヘルニアは克服可能|ピタッと激痛が収まる

脱腸の傾向と対策

看護師

鼠径ヘルニア、いわゆる脱腸は子供の疾患だというイメージがあるかもしれませんが、大人でも発症する疾患です。子供の場合、先天的な原因があるのですが、大人の場合の原因は後天的なものとなります。といったことで、大人の鼠径ヘルニアには傾向があります。まず原因となるのが、加齢です。鼠径ヘルニアは筋膜が衰え、緩んでしまうことで発症しますので、加齢が原因となります。但し、筋膜に負担がかかるようなことをしていると筋膜の劣化は進みますので、腹に力を入れることが多い場合、発症しやすいということになります。最も考えられるのは肉体労働なのですが、便通が悪く、いきみがちの人も発症しやすいと言えます。そして体の構造上、男性の方が圧倒的に発症率は高くなっています。

鼠径ヘルニアは患部を圧迫するサポーターを装着することで対応することもできますが、それでは、その場しのぎにしかならないのが実情です。治療薬というものは存在せず、また、体を鍛えて治すということも不可能です。鼠径ヘルニアを完治させる唯一の方法は、手術です。手術には当然、リスクは伴います。ただ患者にとって朗報なのは、鼠径ヘルニアの手術は手術の中でも比較的簡単な手術であること、そして、すでに長い歴史があり、豊富な実績があることです。しかも近年は新しい術式が確立したせいで、さらに安全性は高くなっており、再発率や体にかかかる負担は少なくなっています。入院は長くても通常、1日2日であり、日帰りで手術を行っている医療機関もあります。鼠径部の疾患は恥ずかしいものですから、放置してしまいがちですが、放置すると重症化してしまいますので、一刻も早く手術を受けるべきです。