医者

治療で腰椎椎間板ヘルニアは克服可能|ピタッと激痛が収まる

駅を中心に施設が充実

女性

平野区には専門性の高い病院が駅を中心に数多くあります。専門性の高い医師の意見を複数取れることで、適切な医療を受けることができます。公共交通機関が整っているので、遠方からのアクセス率も高くなっています。

もっと見る

ただの腰痛とは違う

カウンセリング

どのような症状か

近頃、話をしていて腰椎椎間板ヘルニアがあるからという方が増えています。ぎっくり腰と腰椎椎間板ヘルニアは、どちらも急性腰痛症として腰に急激な痛みが起こります。痛み方が似ているため、どちらなのか自分で見分けるのは難しいと言われています。激痛が続く機関がヘルニアのほうが長いです。ぎっくり腰の治療は安静にしていれば数日で治まります。ただ治療を受けずに数日間我慢するというのは悪化のおそれがありますので、腰椎椎間板ヘルニアかもしれないと思ったら早めの受診が大切です。また、ぎっくり腰の原因が椎間板の損傷にある場合は、悪化して腰椎椎間板ヘルニアになる可能性があるので注意が必要です。坐骨神経痛も腰椎椎間板ヘルニアの症状のひとつと言われています。

上手く付き合う

腰椎椎間板ヘルニアとは、5つある腰椎の間にあるクッションの役割をしている椎間板という部分が、神経を圧迫するために痛みや痺れが起こります。出っ張ってしまったことよりも、その場所に炎症が起きて症状が出ていると言われています。そのために治療としては、炎症をとることが重要になります。治療として、まずは保存療法から行われます。安静にして炎症をおさえて、そこからコルセットを使います。炎症を抑える消炎鎮痛薬を使って痛みと炎症をやわらげる薬を服用します。それでも効果がない場合は、腰部硬膜外ブロック注射といわれている神経の根元への注射をする場合もあります。ピタッと激痛が収まるでしょう。ただ一度なってしまったヘルニアを元に戻すのは難しく、手術しても再発する場合もあります。

脱腸の傾向と対策

看護師

鼠径ヘルニアは大人でも発症することがあり、大人の場合は加齢、および腹に力を入れる機会が多いことで発症します。発症率は男性の方が圧倒的に多くなっています。治す方法は手術のみです。比較的簡単で安全性が高く、再発率も体にかかる負担も少ない手術ですので、恥ずかしがらず手術を受けるべきです。

もっと見る

卵巣のがんの治療法

医者

卵巣がんは、症状に気付きにくいですが腹部の痛みや膨張感、頻尿などの症状があるので積極的に気付くようにします。高カロリーな食事を控えて低脂肪の食事をとることも大事です。定期的に婦人科で内診を受けることも大切になります。

もっと見る